FC2ブログ
伝統
新年度も始まり早、三ヶ月ほどがたちます。
振り返ると、合宿から二ヶ月ほどしかたっていないんですね。
本年度は環境もかわり、やっと慣れてきたところです。
幸い、練習試合も多くまた、大会にも参加させていただき、前年度にない経験をさせていただいております。
そんなさなか、大会より帰宅した、コーチからこんな報告をいただきました。


先日のカップ戦での出来事です。
メンバー1人が学校行事の為、初日で帰りました。

6年生で、1人だけ宿泊が出来なかった彼に、キャプテンが【絆】のキーホルダーを見つけて、プレゼントすると言い出し、他の6年生達も、俺も俺もと皆でお金を出し合って買ったそうです。

とても微笑ましい出来事がありました!

俺も、良いチームに育てたなと思いました!(笑)

が、

実は去年にも同じ事があったらしく、キャプテン達6年生がプレゼントしている事を知っていたらしいです。

これが『伝統』ですかね?

これからも、こんなチームであり続けたいものですね!


更に

来れないそのメンバー達の為に、皆で一致団結し頑張って優勝の報告をプレゼントしよう!

とも計画していたらしいです


更に

帰りがけに、ある指導者から、名古屋イーストは決勝で負けたけど、良い試合でした!感動しました!
と声を掛けていただきました。

更に

帰りがけに、イーストの応援を口ずさんで帰って行く子供達もいました!
イーストの試合は、記憶に残る試合だったようですね!

長くなりましたが報告です!

ちなみに、決勝戦で一生懸命頑張ったけど負けた彼らを見て、僕自身も泣きそうになりました!

何でしょう?
一生懸命って、こんなに人の心を動かすのでしょうね。

このような心のあり方が、伝統として受け継がれていってくれたらこんなにうれしい事はありません。
私は、素晴らしい先輩方に恵まれたおかげだと思います。
これからも、チームスタッフ、コーチ陣と共に、 大輪が咲かなくても良い、誰もが自分の花を咲かせるように
携わって行こうと思います。
キーホルダー


| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
合宿
合宿の一番の目的は、共同生活、集団行動、において、協調性や、団結力、また師弟関係のように、上級生が下級生を面倒を見るという普段の生活ではない、非日常を体験する事で、イーストと言うコミッティーを理解することです。
集まったメンバーは、最初から終わりまで、誰一人欠けることなく終えることが必然です。
当然体調を崩したり、怪我も出るでしょう。途中でやめる事は簡単です。それでも最後の挨拶するまで食いしばって終える事が大切なんです。
声が小さく元気が無い事、集中力の退行、統率力や勤勉さなど、此処で叱られて覚えれば良いのです。
だから合宿があるのですよ。
イースト6か条
1)礼儀を正しく「知らない人でも知ってる人でもしっかり」
2)挨拶をしっかりする「おはよう、こんにちは、こんばんは、さようなら、ありがとう、しつれいします」
3)早く行動する「機敏であること」
4)何事にも一生懸命「失敗をどんどんする、その先に必ず見えるものがある」
5)活力一杯声を出す「元気だ」
6)いつも笑顔「素敵な自分を表現」
プラス1
整理整頓身だしなみ「そうですね、かっこよく、素敵に、清潔感」

僕たちは、勇気、元気、負けない!自分に。
そこを目指しているんだ!
今回も新しく多くの事を学んだよ!
学んだことを忘れず前進しましょう!

2013合宿7
2013合宿8

2013合宿9


2013合宿5
2013合宿1
2013合宿2

合宿におきまして皆様の多大なるお力を頂誠に感謝申し上げます。
今後ともわがチームをよろしくお願い致します。

ありがとうございました

           名古屋イースト 代表 原田登志幸


| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
合宿
明日から合宿です。初日は至学館大学で講習です!骨盤の使い方、動かし方!
午後からFULLBOX!上半身、下半身の連動、分離!
0.1秒早く動くために、子供たちの未来のために!ゴールデンエイジ一番重要なカテゴリーです。僕たちはそんな子供たちに携わってる事を再認識する日です。
競技枠を超えたコラボレイション興味がある方は、どうぞいらしてください。
目から鱗がはがれますよ。
カテゴリーに固執することなく幅広い見方ができます。
素晴らしい至学館大学の教授による講習です。
未来のために、僕たちが残せるもの。
子供たちに!
| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
新年度
拝啓

陽春の候、皆様におかれましては、益々ご盛栄のこととお喜び申し上げます。
さて、私ことこのたび、名古屋イースト前代表 より引導をいただき、今期よりチーム代表として引き継ぐ事になりました。
チーム発足から10年になりますが、ここからが最初の一歩だと肝に命じ精進していくしだいです。
まだまだ若輩者ではございますが、皆様の懇切なるご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
また、本来ならお会いして挨拶申し上げるのが筋ではございますが、まずはメールにてご報告させていただきます。
それでは今後共チーム一同よろしくお願い申し上げます。

追伸

皆様の益々のご繁栄、ご活躍をお祈りしております。
                                   敬具

四月吉日

名古屋EASTMBC 代表 原田登志幸


| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒魂
3月の31日に、 名古屋EAST 卒魂 が開催されました。
卒魂25

バスケットボールだから、もちろんリングの高さは 3.05m
コートサイズは 28m×15m
もちろん 8秒  バックパス有り
24秒はシュート リングでのリセット

14秒は子供たちが 理解できないといけないので無しにしました。
他は一般と同じバスケットルールです。東海市体育館にお4面全部を使用し、一日みっちりのスケジュールで開催しました。
卒魂25-6
沢山のお友達が集まり熱戦を繰り広げられました。
卒魂25-7卒魂25-8卒魂25-9卒魂25-16卒魂25-17卒魂25-19
卒魂25-18卒魂25-20卒魂25-10卒魂25-11卒魂25-12卒魂25-13
卒魂25-15
それぞれ想いの詰まった団旗!旅立つ子供たちの最後の試合。懸命にゴールを狙う姿、皆さんの中で今までの想いがあふれ、涙する方も。そんな機会がつくれて僕はうれしく思います。
そういいながらも、やはり子供達の成長を感じてハンカチを使いました。
強さって何だろう?
勝ち負けにこだわらないと言えば嘘。
それはそこに至るまでのプロセスにどれだけ時間や思いをぶつけたか。
捻挫したチームメイトの分までがんばる姿や、仲間のために気遣い、盛り上げるベンチメンバー、そんな風に成長してくれた心に勝利を感じました。
点数では満たされないこの気持、自然と涙が出てこれが「勝つ」という優越感なのでしょうね。

僕たちはいつもバスケは二番と言います。どんなにバスケが強くても、身だしなみや、整理整頓、挨拶、いたわり、思いやり、気遣い、言葉遣い、行動、姿勢、何かかけても駄目なんです、心技体!どんな競技でもこれが
そなわって無ければ無に等しいのです。だからこそ好きなバスケで大切なことを学びたいのです。
その集大成が「卒魂」
みんな格好良く、素敵でした。
そして、何よりも皆が団結して、一つに向かった軌跡。
       すべてにありがとう

                卒団、おめでとう
卒魂25-1
また会う日まで。みんな愛してるぜ!


今大会に関して、出場チーム皆様並びに育成会各位、また縁の下の力持ちの皆さん、格別なご配慮とご理解いただき誠にありがとう御座いました。皆様のおかげで素晴らしい大会となりました。
卒団生にとっても、想いでに残るかけがえの無い1ページになったことでしょう。
名古屋イースト卒魂大会開催スタッフ一同この場をお借りして感謝申し上げます。
         ありがとう。



| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
BACK NEXT

↑Back to Top

PROFILE

はらだこーち

年なんて関係ねー(爆)
バスケットボールが好きです!一応、JBA公認コーチです。そして日本体育協会公認スポーツ指導者でもあります!
さあ
勇気!元気!負けない自分に!
ん?・・・・どこかで聞いたぞ(爆)

TRACKBACK
SHOPPING
NEW
ARCHIVE
OTHER