FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | | |
ミニバス
私の子供なにか、全然チームの練習についていっていないですよね。低学年がやっているような、基本的な・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!
そんな事より
少しでも、子供ができたら誉めてほしい!
頑張ったねなんてコーチの僕は言わない、だってがっばってから!
だから、家に帰ったら、がっばったねって!お父さん、お母さんが言ってほしいんです!
上手が美徳でなく、失敗が美徳なんですよ!
一番近くにいるのにそんな事も親はわからない!
最初からNBAのプレーができないといけないみたいなことを考えてる!
できないで当たり前!なんでできないは!コーチが教えてないだけ!
もっと先を見ようよ!
そのための努力を子供たちはしてるから!
お父さん、お母さん!
少しでもできたら!
自宅で誉めてあげてください!
スポンサーサイト
| 未分類 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
お久しぶりです^^

そうなんですよ・・・なかなか誉めるっていう事が出来ないんですよね・・・

ついついダメ出しをしてしまう^^;

僕もそうでしたが・・・

口では簡単に言ってしまいますが、実際自分がプレーしてみるとこれが出来ない。

自分がプレーをするようになってつくづく感じました。

小学生での息子のチームには年に1度親子サッカーというのをやっています。
そのイベントのひとつに親対子のゲームがあります。

それで親がプレーしてみる事によってプレーの難しさをわかる親も居ると思います。

僕なんかは、息子が退団してからでもゲームをやりに小学校へ練習を観に行ったりしてますが^^

でも、その前に練習や試合を観に来る親が少ないというのが更に問題なんですよね・・・あまり関心が無いんでしょうかね?

今は海外のプレーもテレビで観れるようになったので、目だけは肥えて来てるんでしょうね・・・

話しがあちこち行っちゃいましたが・・・

何にしても誉めるというのは大切な事なんですよね^^
ミニバスの時から、指導者の方々が保護者に同じ事をこちらでも伝えてきましたe-284

わかっていても、ついつい言っちゃうことがあります(汗)
は~、反省ですe-330e-243
サムちゃんへ
<僕らコーチができていないと思うところと、親が
 できていないと思うところは、違うんですよ。
 次への一歩となる手懸りなのか、ただ漠然と比べて
 なのか、この違いなんです。
 先日お話したこの父母は、まったく後者でした。
 できる、できないより、やるかやらないか!
 やらなきゃ、できないね!

木いちごマミィさんへ
<よかったですね。反省できました!
 これで親も成長です!(笑
 しかし、本当に、日本語は難しいですね。
 一つの言葉が幾通りにも変化しますから。
はらちゃん、先日「エチカの鏡」というTVで一流選手の親御さんを取材した方の話がありました。(イチローや石川遼君、杉山愛ちゃんなど6人の選手)この親御さんたちに6つの共通点があったんだって。
その中のひとつ。「怒ることはしない。ほめる」ってありましたよ!
中学の親御さんが「さっき監督と話したら、『今日の○○はがんばった!本人には言わんけどな!それでいいと止まってしまったらいかんから!』って言ってたけど、監督がほめてほしい」って言うから、「監督は絶対本人にほめんよ!ほめるのはおかんの仕事!」って言ったよ!
やっぱり、親がほめなきゃ誰がほめる!!
まあ、うちの子が手抜きしたら叱るけどね・・・
Write comment




(編集・削除用)

Trackback url

Trackback
« Next  « Home »  Prev »

↑Back to Top

PROFILE

はらだこーち

年なんて関係ねー(爆)
バスケットボールが好きです!一応、JBA公認コーチです。そして日本体育協会公認スポーツ指導者でもあります!
さあ
勇気!元気!負けない自分に!
ん?・・・・どこかで聞いたぞ(爆)

TRACKBACK
SHOPPING
NEW
ARCHIVE
OTHER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。