FC2ブログ
萩原朔太郎
  宿酔の朝

泥醉の翌朝に於けるしらじらしい悔恨は、病んで舌をたれた犬のやうで、魂の最も痛痛しいところに噛みついてくる。夜に於ての恥かしいこと、醜態を極めたこと、みさげはてたること、野卑と愚劣との外の何物でもないやうな記憶の再現は、砒毒のやうな激烈さで骨の髓まで紫色に變色する。げに宿醉の朝に於ては、どんな酒にも嘔吐を催すばかりである。ふたたびもはや、我等は酒場を訪はないであらう。我等の生涯に於て、あれらの忌忌しい悔恨を繰返さないやうに、斷じて私自身を警戒するであらう。と彼等は腹立たしく決心する。けれどもその日の夕刻がきて、薄暮のわびしい光線がちらばふ頃には、ある故しらぬ孤獨の寂しさが、彼等を場末の巷に徘徊させ、また新しい別の酒場の中に、醉つた幸福を眺めさせる。思へ、そこでの電燈がどんなに明るく、そこでの世界がどんなに輝やいて見えることぞ。そこでこそ彼は眞に生甲斐のある、ただそればかりが眞理であるところの、唯一の新しい生活を知つたと感ずるであらう。しかもまたその翌朝に於ての悔恨が、いかに苦苦しく腹立たしいものであるかを忘れて。げにかくの如きは、あの幸福な[#「幸福な」に傍点◎]飲んだくれの生活ではない[#「ない」に傍点◎]。それこそは我等「詩人」の不幸な[#「不幸な」に傍点◎]生活である。ああ泥醉と悔恨と、悔恨と泥醉と。いかに惱ましき人生の雨景を蹌踉することよ。

僕の好きな詩です。なんていうのか、そのままですから(笑)
この詩を書いた、朔太郎も、大酒のみでどうしようもなかったときいてます。
種田山頭火といっしょかぁ~!
詩にしてしまう、この視点が凄いと思います。
我が家には、この詩を書写したものが飾ってあります!
かの池田満寿夫氏の後見人の書家が書いてくれたものです。
とにかく、うんちくは語れませんが、共感できると言う事ですね。
マットが空を飛んだりする事もあるわけで(爆)
あはは!いろいろあるさ!なんくるないさ~(沖縄言葉)
泣いて、笑って、喜んで、怒って。楽しいなぁ~。
生きてるって事だなぁ~。
190px-Hagiwara_Sakutaro.jpg
萩原朔太郎


スポンサーサイト



| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Write comment




(編集・削除用)

Trackback url

Trackback
« Next  « Home »  Prev »

↑Back to Top

PROFILE

はらだこーち

年なんて関係ねー(爆)
バスケットボールが好きです!一応、JBA公認コーチです。そして日本体育協会公認スポーツ指導者でもあります!
さあ
勇気!元気!負けない自分に!
ん?・・・・どこかで聞いたぞ(爆)

TRACKBACK
SHOPPING
NEW
ARCHIVE
OTHER